クローバー的な

速さを競うことは嫌いではないのですが、やはり時々はまったりのんびりと走りたいという気持ちは、どこかにあるようで。

ターマックでゆったり走ったらいいじゃない」

というお声もいただきましたが、そこはやはりレーシングフレーム。

乗ったら乗ったでペダルを回さないといけないようなナゾの使命感に駆られてしまいます。

 

東京サンエスさんもご紹介いただきました。

 

なるほど。

日本人の体型に合わせたモノづくりをされている会社だけあって安心感も高いようです。

 

「とりあえず、スラムのetapも欲しいし、少し様子を見ようか」と思いながら、フクハマさんへフレームを見に行った後、少し冷静になる時間もありました。

 

ところがです。

 

「これならTimeと同じような走行感が得られるんじゃないか?」

と、

COLNAGO C40 B-Stay HPのフレームを勧められました。

これがまたトップが550mmと、私にほぼぴったりのサイズ。

実はそれまで、ネットでCOLNAGO(しかもC40)を見て気になっていたこともあり、ほぼ即決のような形で持ち帰らせていただきました。

 

続く。

↓よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村