しっとりと

最近、特に思うのが、

「速さを競うレーシングフレーム乗っているんだから速く乗らないといけないのか?」

ということ。

ターマックに変えてからというもの、特にその思いが強くなり、純粋に自転車を楽しめなくなった。

贅沢な話だと言われるだろうが、要は用途の話。

私が本来の目的に合わせて上手に買い物をしないからこういう後悔に見舞われるのだと思う。

当たり前だがターマックが悪いわけではない。

用途…と考え、一番に思いつくのがポタリング

何も考えずにブラブラしたい。

スピードメーターはつけず、でも方向音痴の私はGPSだけは搭載したい。

フレームはカーボンでもアルミでもなくクロモリか。

クロモリではないが、以前、マルヨンさんに少しだけ乗せていただいたTimeの乗り心地が忘れられない。

あー、走りたいなぁと思う時、思い出すのはああいう乗り心地の自転車だ。

決して軽くはないフレームだけど、いわゆるシルキーな乗り心地というのか、しっとりとした心地よさ。

初めての体験。

オーダーフレームにカンパはポテンザあたりを組んで…と、妄想はつきない。

 

しかし、ウチの経済事情はそれを許してはくれない。

本当の本当に妄想だけ。

 

マキノサイクルファクトリーにでもいきたい。