読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出雲路センチュリーライド2016

当日、午前2時起床。

集合時間を3時と間違え、一人30分前に到着。

することもなく、車内でボーッとすること10分。

クアさんが到着。

程なく今日の出雲路を走るメンバー4人が揃う。

クアトロ号に4台車載し、別の場所で待機されているN垣さんを迎えにいく。

5台を車載することなんて…という心配は無用だった。

クアトロ号には不可能などなかった。

 

一路、松江へ。

途中のコンビニで補給&トイレを各々済ませる。

私の体調はゲーリーにより不調であることが判明。

しかし、食べないと160km走ることなど不可能。

おにぎり2個をお茶で流し込み、なんとか補給。

 

会場の松江イングリッシュガーデン到着。

予想に反して雨は降らず、曇り空でブリーフィングを迎える。

予定通り7:30スタート。

特に号砲があるわけでもなく、淡々と数組ずつ、順次スタートしていく。

5〜10km走るか走らないかくらいでアイウェアに水滴。

こんな時くらいは外してくれてもいいのに、天気予報。

グランドコンディションが悪いのは当然の事、コースの道自体が悪い。

スタートからしばらくアップダウンが続く、初心者ならば心がへし折られるルートもいかがなものか。

マンホールにグレーチングが上り下りの各所に設置され、いちいち気を遣う。

下った先のブライドコーナーに一時停止や信号などなど、正直走っていて気持ちのいい道ではなかった。

アップダウンを終え、第1ASまで平坦となる。

前を走るN川さんに”いけ!”と言われているのかと思い、アタックするなど、久しぶりの集団走行に戸惑いを隠せない。

ゼッケン番号の所に名前を記入&係の方にスタンプをいただきに行く84本さん。

リタイアの確認等のこともあるためエイドの度に上記のことを行わなければならず、仕方のないこととはいえ手間を感じる。

補給のチョコと塩飴。

野焼きちくわに、写真にはないがしじみスープもあった。

ハズレを引いたようで、すっかり冷えたものを飲んでしまった。

 

補給もそこそこに再スタート。

第2ASまではド平坦。

平坦最高!という気持ちにはなれず、ここで大雨に。

トレインを組むが前方の方の水飛沫を浴び、前が見えにくい状況。

それでも1,2分交代で川沿いのルートを進んでいく。

ここの道が良かっただけに、非常に残念。

しかし、大雨にやられて一行のテンションはおかしくなっていく。

第2AS到着。

雨が降っていたため、記名とスタンプはトラックの荷台で行なっていたが、滑らないように気を遣った。

皆さんが召し上がっている、地元の野菜と米を使った団子の味噌汁で体を温める。

トイレを済ませて再スタート。

雨も降ったり止んだりを繰り返していた。

この時点では。

第3ASまでに給水所が設けられているが、そこまでは結構しっかりした上りが続く。

84本さん、N川さんが先行。

クアさんと私は少しの間、姿を確認できなくなったN垣さんを待つペースでしゃべクライム。

誰も千切れず、全員でゴールするのだ。

雨足も強くなり、川のような道を上り、何とか給水所へ。

温かいお茶をご馳走になる。

右手奥に見えるおじさまに同じジャージは目立ったイイねとお褒めいただく。

ありがとうございます。

あとどのくらい上るのか分からないが、まだ半分ほどあるので無理のないペースで。

しかし、ここから結構上らされたり下ったりと、なかなかにハードなコース設定。

先行したクアさん撮影。

しばらくご一緒していなかったが、こんな余裕があるなんて…強いわ。

400mほど上り、そこからまた下る。

体力は残っていても雨風に晒されて体温が奪われる。

ここまで降るなど予想していなかったため、各々ウィンドブレーカーにシューズカバーなどを携帯せず、写真の状態で走ることに。

84本さんが心配していたように”低体温でDNF”が頭をよぎる。

そして、第3ASを目前に84本さんの前輪がスローパンク。

シャバシャバの所ばかり走ったためか、小石を踏みつけたか?

坂の途中、みんなでタイヤ交換。

何だかこれも楽しく感じる。(私だけ?)

程なく再スタートするが、予想以上に体が冷えており、限界を感じる。

雨もさらに強くなったこともあり、みな一言も発せなくなる。

その状態のまま第3ASへ…と、なにか様子がおかしい。

先行していた方たちが、それぞれ違う方向に進んで行っている。

するとエイドのテントの方から係の方が、

「大雨警報発令のため、ここで中止とさせていただきます。」

と叫ばれていた。

9号線を通って、ゴールの松江イングリッシュガーデンへ向かうよう指示される。

「中止ー!」のポーズ。

テンションがおかしくなっているのがご覧いただけただろうか?

バナナに寿司で補給を済ませ、ゴール(?)へと向かう。

道が分からないので先日も来られたというN川さんに先導していただく。

大雨の街中を走るので、山道とは違った緊張感がある。

宍道湖を左手にイングリッシュガーデンを目指すが、ここでスプリント合戦が始まる。

もちろん公道なので周囲を確認して。

クアさん先行し、ようやくゴール。

f:id:roki_s:20160922221320p:plain

結果、106km弱を大雨の中を事故なく走ることができた。

スーパーカップ(アイス)とコーラ、写真手前のサザエのおにぎりをいただき、腹を軽く満たす。

中止になったことや天候、道の悪さなど残念な点は多かったが、みんなで走れたことが楽しく思えた。

次は160km走りきりたい。

 

イベント終了後は多久の湯でひとっ風呂。

小腹も空いたのでカフェでコーヒーが飲みたいと提案させていただく。

「ボテッキア サイクルカフェ」で。

ここでもナイスなポージングをありがとう。

iPadでメニューを。

甘いものが好きな私は「今日のワッフルセット」をいただく。

ここで今日初めてのコーヒーを飲む。

1日1杯飲まないとダメな体。

本当はしてみたかったサイクルシミュレーター。

オーナーが電源を点けてくださったが時間が押しているので…とお断りさせていただいた。

また寄らせていただこう。

雨の中、準備等で関係者の方々にはお世話になりました。

ありがとうございます。

なにが悪いだのと書いておりますが、楽しく過ごせたことは運営側のご配慮あってのことだと感謝しております。

また次回以降、よろしくお願いします。

ご一緒くださったみなさん、読んでくださった方々、ありがとうございました。 

 

↓よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村