カラダのケアも大切で

昨日、朝起きた後に結構な痛みが腰を襲った。

スマホアラームを止めて居間のエアコンの電源を四つ這いの状態で入れた直後、動けなくなった。

「あれ?これ思いの外やばい感じか?」

身動きが取れないまま10分(体感)が経ち、どうにもならないのでカミさんに助けを求める。

早朝ということもあり、ヘルプが来るのに数分を要したが腰にカイロを貼ってもらうことで少しずつ動けるように。

しかし、座っているのがツラい状態は変わらず。

仕事に行っても痛みを悪化させるだけだと判断し、急きょ有休を取らせてもらうことにした。

 

とりあえず整形外科で診察を受けるべく、痛みを堪えながら受診。

足を持ち上げたり、レントゲン検査など一連の検査を終えた医師が、

「腰椎椎間関節症ですねぇ。」

と、診断。

腰椎第4,5番辺りから仙骨付近にかけて急性的に炎症を起こした状態…つまり”ぎっくり腰”ということらしい。

まだ20代の頃、仕事でヘルニアになり、歩行の度に下肢へ電気が走るような状態だったことのある私は、医師の診断を比較的冷静に受け止めることができた。

しかし、医師からは鎮痛剤と筋弛緩剤,貼付薬と、おせじにも”ぎっくり腰”を治すようなものではなく、対症療法的なものが処方された。

これでは3月のイベントはおろか、4月のグランツールせとうちへの参加も危ぶまれると感じた私は、仕事でお世話になった某鍼灸院に相談することを決めた。

「そうでしたか。11時から予約がありますが、よかったらどうぞ。」

相談だけ…と思っていたが、一通り状態を診てもらった後、

「じゃあ横になってください。」

と、施術をしてもらえることになった。

 

「あぁー、下半身の筋肉が異常にガチガチですね。腰の周りもそうですけど、全体的に固まってます。腸腰筋から腹直筋にかけても筋固縮が見られますし…。よく腰だけで済んだなという感じです。」

 

思ったより重症だった。

f:id:roki_s:20160227125241p:plain

振り返ってみると、休脚日もろくに作らず、ローラー後のケアも十分にしていなかった。

自分が悪い。

週明けには痛みは落ち着いているだろうということだったが、しばらくはローラー,体幹の筋トレを自粛しないと。

 

↓よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村