カキオコサイクリング

しまなみサイクリングへ誘っていただいたK氏の発案により、1月17日(日)カキオコを食べに行くため岡山県は湯郷から日生までのサイクリングへ行くことになった。
この日は全国的に天候が不安定で、実際に前日まで中止になるかどうかという状況であったが、当たるかどうか分からない天気予報を信じ、当日は7時半に某モール駐車場に集合となった。
メンバーは、これもしまなみサイクリングを共にしたM氏と、久方ぶりのD氏の合計4名。
各々、車で集まる中、私は近くということもあり自走。
なかなかの寒さだったため、現地でのライドがやや心配された。
いつものようにK氏の車に4台4名が乗車させてもらう。
運転は前日のサイクリングで左脇腹と右足を痛めたK氏が行なうことに。
前回同様、申し訳なさが残る中、コンビニコーヒーと軽食を横でいただきながら現地へ向かう。
途中、霜が降りている光景を眺め、現地の気温を心配する一向。
程なく湯郷温泉へ到着する。
デポ地が川沿いということもあり、外はやはり寒い。
が、しかし雨は降っていない。
この分だと夕方までもつかも…。
気温は1℃あるかどうか。
あらかじめ着替えを済ませていたが、寒さに震えながらジャケットを羽織る。
冷気が肺に入ると負担もかかるし体も冷える。
風邪を予防する意味も含めてバイシクルクラブの付録にあったネックゲイターで鼻と耳を覆う。
それでは…ということで日生に向かって出発するが、すぐにそのネックゲイターの効果を実感する。
やや息苦しさはあるものの、冷気が口に入らず耳も全く痛くないため、なかなか快適である。
パールイズミのウィンドブレークジャケットも効果的で、体幹に寒さは全く感じない。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
ちなみにジャケットの下はdhbの長袖ジャージ(春秋用)と、パールイズミの夏用インナー。
日生までは片鉄ロマン街道を南下するルートを走っていただく。
初めてということもあり、道の途中に駅や案内看板が出てくる光景に感動する。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
「片鉄は“ポール注意”で!」
というK氏の言葉通り、片鉄ルートには再々ポールが立っており、スピードが出せないようになっている。
所々、生活道路と混在している箇所もあるため、当然の措置と言えばそうなのだが、本気で走る人はフラストレーションが溜まるだろう。
今回はサイクリングなので、スピードが緩まっても問題なし。
やや追い風気味の中、快適に日生へ向かう。
途中にある和気のセブンイレブンで小休憩。

「カキオコ食べるからコーヒーだけでガマンした。」
というM氏とは反対に、コーヒーとドーナツでがっつり補給。
言われて初めて“あ…しまった”と、思ったとかは定かでない。
 
日生に入ると、途端に多くなる交通量。
道幅も狭く、サイクリストには不向きな道である。
「ここを越えたらすぐですね」
と、目の前にはそこそこの坂。
片鉄ルートを走って初めての上り。
あまりの恐怖とストレスに、早く上りきってしまいたいという気持ちが先行。
サイクリングのはずが当日の最高心拍をマークする。
ハァハァと喘ぐD氏に本日のお店を決めていただく。
「泉富久(せんぷく)キミに決めた!(誇張あり)」
お店に入ると鉄板周りに数席とテーブル席が一つが目に入り、やや狭い店という印象。
しかし、テーブル席の奥は調理場かと思っていたが、実はテーブル席が何席かある、そこそこ広い店舗だった。
注文を聞かれ、迷うことなくカキオコモダンを4人ともが注文。

テーブル席の後ろで焼きあがっていくカキオコ。

見るからにかなりのボリューム。

熱々の鉄板の上に置かれたアツアツのカキオコ。

焦げたソースの香りがたまらない。

…猫舌の私にはこの熱さがたまらない。

誰よりも食べきるのに時間がかかってしまった。

しかし、このカキオコ、初めていただいたが、切る所すべてから牡蠣が顔をのぞかせる。

見た目は小さいと思われるかもしれないが、食べるとそのボリュームに驚かされる。

1,300円という金額も納得である。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

食べた後は腹ごなしに五味の市や道の駅に立ち寄り、個人的なお土産を物色。

しかし、海産がメインのためお土産としてバッグに入れて帰るには、あまりに危険すぎる。

牡蠣の海苔佃煮を一瓶購入し、帰路へ。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

サイクルターミナルから片鉄復帰。

D氏とK氏のトレインに乗っかり、快適に走る。

風も思いのほかない。

カキオコが胃を圧迫しているが、満足感が勝り、道中は皆が口数少なく片鉄サイクリングを満喫。

吉ヶ原駅に到着。

記念撮影後、残り15kmの道のりをM氏トレインで快適に……とはならず、かなりの強度で走る。

すでに90km以上走っているのに、とんでもない牽き。

途中、D氏が“前に出て”とアピールしたため、3番手から2番手に変わる。

M氏に代わって先頭に出ようとタイミングを図るが……見つけられない。

そのままの強度でデポ地へ到着。

往復110.93kmのサイクリングだった。

胃に納めたカキオコも消化されたようで、各々帰りのローソンでコーヒーやドーナツ、アイスなどを楽しんだ。

久しぶりのサイクリングは年明け初ライドとなった。

基本的にぼっちで走る私だが、やはり複数人で走ると勉強にもなる上に楽しい。

また、ご一緒したいと思う。

 

 

↓よろしければクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村