エントリー

グラン・ツール・せとうち2016が平成28年4月16日と17日に開催(16日はプレイベント)することが決まっており、この度、公式ページでエントリーを開始した。

f:id:roki_s:20151220205344j:image

公式ページ→グラン・ツール・せとうち|広テレ!Web

(画像:公式ページより)

10月に走ったしまなみ海道は、自分の中に強烈な印象を与えてくれ、また走りたいという欲求は日に日に増すばかり。そこで目にしたのが「グラン・ツール・せとうち」というイベントだった。参加することは妻にも話し、了解はいただいていたのだが、ここで自分の中にある考えが浮かんだ。

 

「一緒に参加すれば、息子も何か感じ取ってくれるかも…?」

 

キャンプや旅行など、アウトドア系のことにはからっきしな私は、息子とキャッチボールすらしたことがない。その息子は、とにかく我慢できず、毎日何か不満を抱え、漏らしているような様子で、学校からも再三注意を受ける体だ。

"育て方に問題が…"

"自分に責任がある"

など、一介の親として悩みはしているが、解決に至らず。

自分の父親のせいにするわけではないが、父は遠距離トラックの運転手を長年していた関係で、家に父がいた記憶があまりなく、当然遊んでもらったという記憶もない。

そのため、自身が息子(子ども)に対し、どうやって接していいのか分からない部分がある。(要は未熟ということなのだろうが)

今回のイベントでは、多少なりと父親らしく、息子に接し、いろいろなことを見聞きして感じてくれるのではと、期待している。

 

さて、その息子は今年のクリスマスにファットバイクをサンタにお願いしていたようだったが、ウチのサンタに却下され、その自分が将来的に乗れるようにと、息子を「クロスバイクが欲しい」という気にさせる作戦に出た。


結果は…言わずもがな、サンタの勝ちである。

 

お世話になっているショップへサンタと訪ね、F店員と相談。オススメされたのがTREK7.2FXだ。

f:id:roki_s:20151220205433j:image 

(画像:公式ページより)

タイヤは転がり抵抗はあるものの、安定性の高い35Cを履いており、初めてクロスに乗る子どもでも安心できるだろうと判断。

上位の7.4FXには劣る面はある(カーボンフォークでなくスチール、ワイヤーケーブルが内装でないなど)が、必要十分である。

購入するのに最後まで悩まされたのがカラーだ。

サンタ自身も乗るため、息子にサンタの嫌いなカラーを選ばせるわけにはいかないと…さりげなく説得する必要がある。

そして、その役目は私だった。

「黒がいい!カッコいいもん!」

と言ってみたり、

「やっぱり青がいいかな…」

と呟くなど、散々悩ましてくれたが、何とかブルーに落ち着いた。

25日の早朝に、さりげなく玄関へ配達しておいてくれるようショップが取り計らうと言ってくれた。
粋である。

 

いま思うに、ファットだと一番短い距離の70kmでも走破するのは厳しいように感じる。

ましてや付き添いの私はロードバイク。

お互いに速く走ったり速度を緩めたりするのは辛いと思う。

結果論だが、クロスバイクにして良かったと思う。

 

開催まで4ヶ月あまり。

 

暖かくなったら地元で一緒に練習しようかと思う。

この記事を書いていて、ふっと頭をよぎった私と息子の姿は、正に私が思い描く【理想の親子像】だ。

きっと私が楽しめば息子も楽しんでくれるはず。

「しっかりした親ではなく、幸せな親になりなさい。そうすれば子どもも幸せです」

昔読んだ育児書に書いてあったのを思い出した。

 

↓よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村