サイクルモード大阪2018(備忘録)

今年は3月3日(土)4日(日)の2日間開催されました。

場所は万博公園

今回は招待券をいただいたので、そちらで入場しました。

 

前回は全く試乗せず、物販をメインにしていたのですが、今回は次のフレーム候補を探すべく、サイズが多少合わなくても気にせず乗ることに決めていました。

有名メーカーがずらりと軒を連ねます。

今年も大賑わいの様子。

Zwiftのところには終始人だかりがありました。

 

さて、最初に向かったのは以前からSNSで気になっていたメーカー、Chapter2(チャプターツー)です。

ジャパン社長であるマイケル氏をはじめ、関係者がブースに集まっていらっしゃいました。

ご覧の通り試乗される方で列を連ねる中、ちょうど私用のサイズがあるとかでスタッフの方が話しかけてくださいました。

途中でマイケル氏が直接に話をしてくださいましたが、どうやら試乗バイクはマイケル氏自身のバイクのようで。

サイズは同じでもシートポストを下ろされていく様は何とも切なかったですが、直々に調整してくださったことは光栄でした。

さて、早速試乗コースへと向かいます。

コースは全長2kmの平坦・下り・上りを短距離ではありますが確かめることができる内容となっています。

 

最初の一漕ぎ…軽い。

これは当然と思いながら徐々にスピードを上げていきます。

おや?

BB周辺やダウンチューブの太さと、シートステーとチェーンステー、シートチューブを結ぶ面積から推測すると固いんだろうなぁと思っていましたが、いい意味で裏切られました。

非常にしなやか。

ハンドリングはクイックで操作性にも優れるようです。

初速はもちろん、ヘッドチューブから各箇所に見られるカムテールデザインによる空気抵抗の少なさなのか、巡行速度の維持も楽そうです。

こんなにしなやかで乗るのが楽しいバイクは正直初めてかもしれません。

上りもダンシングで力を加えてみましたがたわむようなことなく、グンッ…と上っていくような感覚を覚えました。

トップチューブですが、シートに向かって細くなっています。

形状は四角。

シートポストもカムテールデザインで、マイケル氏曰く「空気の渦ができにくい」ということです。

コンポはカンパニョーロのスーパーレコード。

ホイールやコンポの関係で多少乗り味は変わってくるでしょうが、個人的にツボだったしなやかさは間違いなくフレーム形状の賜物。

こちらもマイケル氏が直々に教えてくださいましたが、シートステー部のカーボン素材を軟らかいものにすることで振動吸収性としなやかな走りを提供してくれるのだとか。

両手で挟み込み、ギュッと握りこむと力の強さに合わせて変形。

チェーンステーは逆に硬いカーボン素材を使用することでペダルにかけたパワーを逃がさないように設計。

巡行性能を高めるのに一役買っているようです。

フォークはサイズに合わせてオフセット量を変更することで直進安定性を高めています。

東レのカーボンを100%使用し、部分ごとに強度を変えてエアロロードとしながらもオールラウンドな乗り味にした「Chapter2 TERE(テレ)」

気になっていたモデルが自分の欲しい乗り味で、次期フレームはこれでいいじゃないかとも思いましたが、他社製品に乗り、「本当にChapter2でいいのか?」を確認します。

 

「CUBE ATTAIN GTC PRO」

ドイツブランドで、最近はツールなどでも見かけるようになりました。

そのスタンダードモデルです。

105組のマヴィックキシリウムで構成されています。

悪くないのでしょうが、初速や巡行などあらゆる所でピンときません。

これは仕方がないでしょう。

完成車価格21万円と割と手頃なお値段で購入できますので、これから自転車を始める方などには最適かもしれません。

 

「CANYON ULTIMATE CF SLX DISC 8.0」

その高いクオリティとコスパで大注目のCANYONのディスクロード。

コンポはアルテグラ、ホイールはマヴィックコスミックカーボンプロで構成。

初めてのディスクロードでしたが、この効きは素晴らしいものがありました。

下りでの絶対的な安心感を生んでくれるんでしょう。

走りは予想通りのカチッとした走り。

かけたパワーだけ進んでくれる、持久力のある方なら速く操れることはまちがいないでしょう。

S-Works Tarmacや、このULTIMATEのような固さは私には不要だと感じています。

こういったバイクを長距離走らせ、楽しく乗ることはできないでしょう。

実際にできていないのですが…。

 

TREK EMONDA SL6」

所謂、軽量バイクでヒルクライムを想定して設計されています。

エントリーモデルながら上りでは確かな軽さを感じましたし、私には十分すぎるバイクなのでしょうが……やはりChapter2ほどの衝撃はありませんでした。

 

そして、今日の本命であります「macchi cycles(マッキサイクルズ)」さんのクロモリフレームです。

 

うーん…

美しいですねぇ。

 

ブースにはビルダーの植田真貴さんがいらしたので、直接話を聞かせていただくことになりました。

まずは試乗です。

 

一漕ぎ…うん、重い。

これはあくまでカーボンと比べてのことで仕方がないと理解しているつもりでしたし、問題なし。

許容範囲です。

シフトを上げていくと、グンッ…グンッ…と加速していきます。

少し速度を上げると、ある程度は惰性で進むのはどの素材の自転車でも一緒ですが、これはいいですね。

速度が落ちにくいようです。

落ちにくいのである程度足を止めて、また漕ぎ出す時に余計な力を必要としません。

また、Chapter2よりしなやかに加速し、坂も上っていきます。

クロモリ…なんて楽しいんでしょう。

 

コンポはアルテグラ、ホイールはボーラワン50(TUかな?)

エントリーカーボンにも負けない車重には驚きを隠せませんでした。

うん、これはChapter2に負けずとも劣らない乗り心地。

もう少ししなやかさが欲しいなと思いましたが、素材や設計で変えることができるのだとか。

オーダーのいいところですね。

macchiさんにもお伝えしましたが、間違いなくオーダーすることになりそうです。

それくらい衝撃を受けました。

 

結果としてカーボンならChapter2 TERE、クロモリならmacchi cyclesで購入・作成していただきたいなと。

いま持て余しているTarmacは近々手放すことを検討しています(またか笑と言わないでくださいね)が、どちらを購入・作成することになるかは不明です。

どのようになるのかは私自身わからないのですが、しばらくはパーツの構成やカラーリングなどの妄想だけで楽しめそうです笑

 

「人と被らないフレームがいい」

「高ければいいってものじゃなく、きちんと自分の好きな乗り味の自転車に乗りたい」

「何年式のフレームがどうとか比較するのもされるのも億劫」

「楽しく自転車に乗りたい」

そんな思いから今回のサイクルモードに参加したわけですが、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

関係者の皆様、ありがとうございました。

おかげさまで私の頭の中は自転車でいっぱいです笑

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。

グランツールせとうち2017

 昨年より息子と参加しているイベントに、今年も参加してきました。

(下記は過去記事)

bochi-bochi-bocchi.hatenablog.com

bochi-bochi-bocchi.hatenablog.com

 今年はワンボックスカーを借りることはせず、

キャリアを購入・取り付けました。

道中、高速を通るので非常に不安ではありましたが、私のロードと息子のクロスバイクをしっかりと運んでくれました。

今回に限らず、車載できるようになり、今後のサイクリングの幅が広がりそうな予感がしています。

 

そして、

息子の走る姿や、どんなところを走ったかをカミさんに報告するため(という体で)動画や写真を残しておきたく、このようなオモチャまで購入。

 

イベントの内容については編集した動画でご覧いただければと思います。

 

グランツールせとうちというイベントは、補給の内容が少し残念(私感)なのですが、

名物の塩ラーメンですとか、

藻塩アイスですとか、

焼豚玉子飯とか、

「いんおこ」に、

お初でしたが「リモーネ」さんのリモンチェッロ(レモンリキュール)アイスモナカをいただいたりと、前日も含めてしっかりと「しまなみグルメ」を堪能させていただきました。

家族では、こちらも初の亀老山にも登ってきました。

そして、あちらにはまだ桜が咲いていて、短時間でしたが花見も楽しむことができました。

島民の見知らぬおばあちゃんにもウチのワンコのことで助けていただいたり、柑橘をいただいたりと、人の優しさにも触れ、何度お邪魔してもイイところだなと家族みんなで実感しています。

今度はイベント日じゃない時にゆっくりとお邪魔したいなぁ。

 

最後に、苦労して編集した動画をご視聴いただければと思います。


グランツールせとうち2017

ありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

第1回おはよーサイクリング

 

Facebook”とっとりサイクルツーリズムの会”から今年初回のおはよーサイクリングの告知を確認したのは、前日の土曜日。

体調不良もあり、早めに寝たのがよかったのか6時に起床。

目覚めも良かった。

いそいそと準備…するも、服装がよく分からない。

とりあえず、biciのウィンタージャケットとパールイズミのビブ、春秋用のグローブで出かける。

念のため、バイシクルクラブの付録にあったネックウォーマーを装着。

 

…寒い。

集合場所の風紋広場までの間で、すでに足先の感覚がなくなっている。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 

会長とマルヨンさんの挨拶を聞き、スタート。

国体道路は早朝にも関わらず、なかなかの交通量。

 

出合いの森方面から三山口へ。

ここの坂はN川さんとダベリながらぼちぼちと。

吉岡からは、個人的ホームコースを走る。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 寒いが、集団でのサイクリングは楽しい。

 

コースが自宅付近を通るため、ここでブレイク。

自宅に戻るが、

「これから出るけぇ」

と、カミさんが自宅からブレイク。

空いた時間なので出かけないともったいない。

しっかり防寒して、おはサイ一行を追いかける。

 

風紋広場で集団後者を発見し追従。

マルヨンさんの提案で万葉から殿ダムへと走ることに。

 

久しぶりの殿ダム坂は天気もよく、気持ち良く上ることができた。

 

残念ながら”みちくさキッチン Queue”さんは冬季休業中。

実はまだ入店したことがない。

また改めてお邪魔することに決める。

 

朝食抜いた体もそろそろ限界。

玉鉾から河原城を目指すというマルヨンさんたちとブレイクし、数名で”マーブルキッズ”へ。

案の定、玉鉾橋を超えたストレートでハンガーノック

他の方には先に行っていただき、ぼっちでぼちぼちと目的地を目指す。

補給大事。

 

そんな状態なもので選んだパンは全て菓子パン。

完全にカロリーオーバー。

 

各々がブレイクしていく中、帰りの道が同じだったH原さんに引いていただき何とか帰宅。

途中ハンガーにはなったが、思いの外、坂を楽しく上れたのは収穫だったか?

とりあえず距離を走れるようにならないと…。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

完成→COLNAGO C40 B-Stay HP

続きです。

 

bochi-bochi-bocchi.hatenablog.com

 

おNEWのホイール用にチューブとタイヤ(25C)を購入し、組み付けます。

あとは、車体を待つのみの状態に。

その間、鳥取では三十数年振りだかの大雪に見舞われました。

もはや災害レベル。

雪かきに追われる毎日となり、まともに仕事なんかできませんでしたね。

 

紆余曲折ありましたが、ショップさんのご協力もあり、無事に完成しました。

COLNAGO C40 B-Stay HP】

シートポストの「Deda ZERO1」が見切れてしまいました。

ターマックと同じ高さに合わせていただいているんですが、スローピングとの差がここで・・・。

 

カンパの4アームクランク、記事を見ていただいている皆様の目にはどう映っているでしょう?

カンパにすごく思い入れがあるわけではないので、やはり、そのデザインについては個人的にあまり気にならない印象です。

 

ペダルについては最後まで悩みましたが、ターマックとの互換性を考えてTimeペダルを検討していましたが、メーカーもよく分からないSPDにしました。(一応、互換性はあるようです)

出先で歩き回れることを目的に。

以前、rokhで使用していたSPD用のシューズがずっと置いてあったので、もったいないと思ったのも理由の一つですが、これでクリートのことを気にせずに歩きまわれます。

 

重いけど、やっぱり用途に合わせてパーツなどを変えていくって大事だなと。

本来、ガチレース用のフレームなのに申し訳ない気もしますが、また速さを求める気持ちになればペダルや各パーツを変えていけばいいわけですし。

 

そういえば、ショップさんからの連絡で気がついたのですが・・・。

一昔前のフレームだということを念頭に入れず、25Cのタイヤがフレームに干渉してしまっていたようです。

ショップさんでこっそりと23Cに変えてもらい、事なきを得ましたが。

知識不足で迷惑をかけてしまいました。

 

さて、コルナゴさんで走りに出かけられるのはいつになるのでしょう?

少なくとも2月中は無理かなぁ・・・。

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村

金の切れ目が・・・

続きです。

 

bochi-bochi-bocchi.hatenablog.com

 

フレームに、コンポにとお金をかけていたら、etapを買おうかと夏頃から貯めていたヘソクリも底をつきました。

まだ、ハンドル周りやサドル、シートポスト、ペダルなども買わないといけないのに・・・。

K氏に適当に揃えていただくようにも依頼しましたが、やはり安くても統一したメーカー品で組んでほしいなと。

 

さんざ迷った挙句、Dedaで組んでいただくことに決めました。

SuperZero?Zero100?

 

f:id:roki_s:20170219221034j:image

選ばれたのはZero2,1でした。

コンポは上等なものを奢ったのだから、とりあえず走れる分には問題ないだろうとの決断。

いいんです、当面はこれで。

一度に何もかも上等なもので揃えてしまうと、弄っていく楽しみがなくなるだろうし(ということにしておこう)。

f:id:roki_s:20170219221136j:imagef:id:roki_s:20170219221146j:image

ハンドルとステムはZero2で。

f:id:roki_s:20170219221227j:image

シートポストを新しいZero1にしました。

Zeroの「o」部分が「1」になっていて、なかなかおもしろいデザイン。

バイオハザード7のタイトルロゴを思い出しました。

f:id:roki_s:20170219221622j:image

↑これ

 

 

というわけでショップへ持ち込みです。

 f:id:roki_s:20170219221353j:image

あ、サドルはcolnagoのヤツをつけていただいてます。

クッション厚そうだし、こちらも当面はこれで。

 

続く。

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村

コンポーネントさん

前記事からの続きです。

bochi-bochi-bocchi.hatenablog.com

 

 

C40をショップで組んでいただく(組むなんて技術は私には当然ありません)にあたり、頭に浮かんだのは、「シマノで組まない」ことでした。

そうなるとスラム?

いやいや、やはりここはカンパでしょう。

 

以前買ったバイシクルクラブに、たまたまカンパのカタログが付いていたのでパラパラと捲ってみます。

やはり金額考えるとポテンザかなーと。

しかもクラシックなフレームにも合わせられるようにと、ブラックではなくシルバーもリリースされているようです。

これは決まりかな。

・・・そう考えていた時期が私にもありました。

 

ポテンザについていろいろと調べていると、「パワートルクはやめておけ。ウルトラトルクにしておけば後悔しない」という記事を発見しました。

詳しいことは頭には入っていません・・・理屈とかそういうの、苦手なんですよね。

読むだけで頭が痛くなるというか・・・視界に入れられないというか。

とにかく、この一言だけ印象に残ったわけです。

 

コーラスとポテンザの混ぜ合わせで組むのも・・・とも考えてみましたが、それなら全部上位のコンポにしてしまえと。

勢いって怖いですね。

コーラス11sを買い揃えてしまいました。

C40に合うかはわかりませんが、4アームクランクのデザインについて私は全く問題ありません。

 

あとはハンドル周りにシートポスト、サドル・・・。

 

続く。

↓よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村

クローバー的な

速さを競うことは嫌いではないのですが、やはり時々はまったりのんびりと走りたいという気持ちは、どこかにあるようで。

ターマックでゆったり走ったらいいじゃない」

というお声もいただきましたが、そこはやはりレーシングフレーム。

乗ったら乗ったでペダルを回さないといけないようなナゾの使命感に駆られてしまいます。

 

東京サンエスさんもご紹介いただきました。

 

なるほど。

日本人の体型に合わせたモノづくりをされている会社だけあって安心感も高いようです。

 

「とりあえず、スラムのetapも欲しいし、少し様子を見ようか」と思いながら、フクハマさんへフレームを見に行った後、少し冷静になる時間もありました。

 

ところがです。

 

「これならTimeと同じような走行感が得られるんじゃないか?」

と、

COLNAGO C40 B-Stay HPのフレームを勧められました。

これがまたトップが550mmと、私にほぼぴったりのサイズ。

実はそれまで、ネットでCOLNAGO(しかもC40)を見て気になっていたこともあり、ほぼ即決のような形で持ち帰らせていただきました。

 

続く。

↓よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村